幼児教育でお子さんの才能を伸ばす!

子どもの能力を伸ばそう!親子いっしょに笑顔になれる幼児教育

幼児教育で子どもの才能を開花させよう!

「子どもは褒めて育てる」とよく聞きます。 褒めるといってもタイミングがわかるようで微妙だなと感じたことはありませんか。 深く考えるよりもまず言葉にしてみる、日ごろの小さな子どもの頑張りを褒めてみると言葉をかけたときの子どもの表情は明らかに違います。 親の笑顔は子どもにとって最大のご褒美でもあるのです。

▶︎ 全文を読む

「負けない心」で心身ともにしなやかに

人生に失敗や競争に勝ち負けはつきものです。 達成感で前向きになったり失敗して落ち込むこともあるでしょう。 周囲にアドバイスをもらったりしながら、経験を積み重ねて心身ともに成長していきます。 どんな状況になっても冷静に自分で判断していく力、つらい状況下でも打ち勝つ心の強さとしなやかさを育てましょう。

▶︎ 全文を読む

親の笑顔が子どもの頑張りにつながる

子どもには様々な経験をさせたい、隠れた才能を開花させてあげたい。
親の立場になると我が子に対し思うことがたくさんあります。
幼稚園や小学校への入園入学はみんなが同じスタートラインへ立ちます。
少しでも早い時期に自分が「できる!」と思えるものを見つけて欲しいと我が子に願うのは親共通なのです。
特技を伸ばすことで大人になっていろんな選択肢があれば人生も充実したものになるかもしれません。
秘めた能力を存分に開花させるきっかけとして、幼児教育を選択する人が増えています。
そもそも「幼児教育」とはどのようなものでしょうか。
幼児とは就学前までの子どもたちのことで、幼児期に行う教育のことを指します。
幼児期に行う教育は幼稚園や小学校の集団生活とは違った雰囲気の中で、雰囲気に慣れさせるためではなく能力を開花させるという方向性がはっきりしたものと意識付け、自分のもっているものに気付く場所です。
子どもの能力は普段の生活の中だったり親が気付く場合もありますが、あらゆる幼児教育を通じ子どもたちにとっては「お試し」を兼ねていて将来継続していく習い事に発展することがあります。
内容によってはプロを目指すきっかけになるなど人生に影響するものになるかもしれず、幼児教育は多くの可能性をもっていると言えます。
メリットとしては興味や関心、やる気を育て、得意なものを見つけることが自信につながります。
達成感や失敗、成功の経験を重ねることによって次の目標へ向けて取り組む姿勢が育つということ、集団の中での協調性が育ち、立ち直る心の強さを身につけていくことなどが挙げられます。
子どもの興味や関心と幼児教育の内容が合致したときに、得られるであろう効果は大きなものになるはずです。
幼児教育は親が子どもと一緒に成長していく場でもあり可能性を見極めていきましょう。

必ずどこかにある我が子のいいところを見つけよう

親が子どもを褒めるのはもちろん効果はあるけれど、ほかの子どもたちと一緒に過ごす中で先生に褒められるとさらに嬉しい気持ちになれるし頑張ろうと思える、そんな環境を見つけてあげたいものです。 机上で学ぶものと音楽や運動を通じて感受性を高め規律などが学べる情操教育も人気のある幼児教育の一つです。

▶︎ 全文を読む
TOPへ戻る